« あけましておめでとうございます | トップページ | 新学期 »

2016年1月 4日 (月)

金沢の旅

20160102kanazawa000


新年あけて二日目、安近短の旅行に出かけました。
私は体調が万全ではなかったのですが、気分転換して何か気づいたり得られるものがあるかもしれないと、思い切って出かけました。

20160102kanazawa001

石川へは、以前朝市をめがけて一度だけ出かけたことがあるのですが、その時は大雨で全く見て歩くことができなかったので実質初めてと同じです。
お正月ともあって、観光客が多かったけれど、誰もが金箔一枚かかった900円近いソフトクリームをほおばっていて、ほほえましくもありさすが加賀百万石・・・とわかった風な振りをしてみました(笑)

20160102kanazawa002

私は今回、どこへ行くか聞かされていなかったですし、もともと私は風の旅人で無計画で行き当たりばったりの旅行をするタイプなので何も考えていませんでした。
宿泊する場所がまさかこんなファンシーなところだとも思ってもみませんでした。


20160102kanazawa003

ちょっと歩みを進めると、・・・ん???とすぐ気づきました。
そう、ここはメルヘンの国ではなく、こだわりぬいたこだわりの宿だということに。

オーナーさん(なせか私はマスターと呼びたくなったので以下はマスターと呼びます)が一番最初に案内してくれたのは・・・


20160102kanazawa004

音楽室でした(笑)

靴をぬいで、すぐアップがあって、上に音叉三つのマークの機械が乗っていた時点で気づくべきだったのです。
ここは音楽の館といっても過言でなし。


20160102kanazawa005

あとは、マスターのこだわりぬいた雑貨などの数々。どこを写真撮っても絵にならない場所はなし。
ブログに載せきれないほどです。

・・・と、ここで私の体調がぐんぐん悪くなってきて、笑顔をつくる余裕がなくなってしばらくダウンしてしまいました。
家族に薬を買ってきてもらって二時間後、なんとか夕食を少し取れるほどに回復しました。

その時にマスターが思いもよらない写真を見せてくれ始めたのです。
そう、私にとって神様ともいえる大ミュージシャンがマスターとまさにここで写真を撮っているものです。

一気にテンションMAX。
でも、お忍びだったそうで、お名前をあげるわけにはいかないんですけど。中年以上の方、若い方も音楽をやっていらっしゃる方ならもう大興奮ですよ。

夕食を終えたら、どこかのピアニストの方が生演奏してくれてました。とても優雅でリラックスできるクラシックを5曲ほど。

そして自分の宿泊するフロアの音楽室では、お若いカップルがずっと翼ほしがってました。
彼氏ギターの彼女ボーカルの“エンドレス 翼をください”です(笑)
若さってよいですね💛

20160102kanazawa008


明けて朝、名残惜しかったので少しマスターとお話しして、昨日の体調不良でお話しがあまりできませんでしたが・・・と丁寧に挨拶をさせてもらって、名刺交換して再訪を約束してきました。
そして、マスターのあまりのセンスのよさに脱帽で、どうしてもあやかりたいと、すでにこの施設で使用されていたアンティーク加工のブラックボードを無理言って譲っていただいて参りました。
本日より、教室のまえ玄関に使用させていただいています。かわいいので是非ご覧ください。

20160102kanazawa006

兼六園はまったく雪がなく、汗ばむほどで途中ラムネを飲んでいるお子さんやアイスを食べている子をみかけました。

20160102kanazawa007


今回の旅で、私が得たものは引き寄せの法則というか、宿泊している人たちがほぼみんな音楽を愛していてちょっとこだわりがあるタイプであるという不思議体験です。
なんの邪気もなく、ただひたすらに自分の好きを貫いてきた、優しい男の生きざまをみてちょうだい(^▽^)
そしてそういう人も集まってきてますよ、というミラクルです。

ちょっとうまくいかないとすぐに路線を変更したり、自分は間違っているのかと不安になったりしがちですが、まずぶれずに自分の道を行くことの大切さ。
それを学ばせてもらった、旅行となりました。私には大きな収穫です。


サイトTOPへ

« あけましておめでとうございます | トップページ | 新学期 »