« 世界にひとつだけの花 | トップページ | 醍醐味です »

2016年1月23日 (土)

まさかのソプラノリコーダー

Image_3

先日も話に出したリコーダー。
私は自分には関係ないと思い、のんきに聴いていましたけど、あんなに練習している限りには発表があるということに気づいていませんでした。当然、それはいろいろな小学校でもあるということですよね。

何件かとびこんでます、お母さまお父様のヘルプ!

安心してください、大丈夫です!happy01

子供がほかの出し物から急にリコーダーに変更になりました、ちょっと遅れがみられるようなので親が休日見てやりたいと思います・・・等です。

もう忘れちゃっていますよね?
アルトだった?ソプラノ???なんだそりゃ。懐かしいしやったけどわかんない。
楽譜チンプンカンプン???などなど。

落ち着いてください、小さいのソプラノです。

音符に関しては、ドの位置から順番にたどっていけばわかります。
そして、あとは調です。どこにシャープ(半音あがる)、フラット(半音下がる)がついているかを見ます。次は拍子。

シャープとかついているとリコーダーは混乱します。鍵盤と違って位置の変化じゃなく指の形が違うのです。
まず、ジャーマンかバロックかを判別してください。

そうしたら運指表がわかります。

これを見ながらあとは練習あるのみですnoteできます、絶対にできます。

http://www.yamaha.co.jp/plus/recorder/?ln=ja&cn=11801
http://www.yamaha.co.jp/plus/


音楽を楽しめるようになるには、コツコツ地道な練習が必要です。でもだからこそ、仲間と協力して仕上げて発表でたくさんの人に聴いてもらうことが大きな達成感と喜びとなります。

全国のお父さん、お母さん、なにより出演のお子様がたがんばれ!!!!!

リコーダーや鍵盤ハーモニカは人生の最初のほうに出会う楽器です。
大変奥が深い素晴らしい楽器ですからこの機会にたくさん触れ合ってくださいね。



達人!素晴らしい♬

« 世界にひとつだけの花 | トップページ | 醍醐味です »