« 金沢の旅 | トップページ | 光の力強さ »

2016年1月 7日 (木)

新学期

2016_0107_tree00

早いもので、冬休みもあっという間に終わり今日は始業式。
お祭り気分も冷め切らぬままでしょうが、切り替えて締めくくりの三学期を気持ち新たにスタートです。
私も、本日はブラックボードの設置と教室前のサンタクロースのフラッグをすべて万国旗に変える作業にいそしみました。

いそしむのはいいんですが、歳は歳です。

蓮の鉢や土嚢を移動の最中にぎっくり背中というのを起こしてしまい、息するのも痛いです(笑)
もう笑うしかないです、泣いても治ることもないので。
かえっていいです。ふだんは脱力脱力と努めていますが、嫌が応にも力は入らないのです。入れたら激痛。
なんでも気持ちの持ちようで悲劇にも喜劇にもなります。私はできれば笑っていきたいので後者選択で。

20160107_tree01

さて、冬の休暇の間に、私はさまざまなささやかな経験をしましたが目が追っていたのは常に根っこでした。
暖冬のせいもあって、雪も降りませんしよく足元が見えます。
根っこのよく張った植物は、もれなく身体も太く上に横にとたくましく成長しているようです。

時に人は自分を大きくみせたがり、肩書もおおきくいろんな飾りがついています。
けど、何よりも重要なのは素朴で飾り気もないんだけど、足元は本当に地に足がついている、根を張っているということなんじゃないかな・・・と考えていました。

私はこの年ですから、様々な経験、体験、取得してきているものがあります。
でも、あえてそれはもういいんじゃないか、私と実際触れ合っているうちにそれとなく伝わればいいんじゃないかと考えています。
でも、この冬に気づいた根を張ることの大切さを大事にしながら、今年一年も自分らしく努力し、それを人に振り向けることができる指導者となれたならと今一度思いを強くするスタートです。

3月末には蓮も植え替えです。この寒い冬に水面と泥の中では着実に蓮根が成長しています。
冬の時期は育つ時期でもあります。根っこを大切にまた今年も宜しくお願い申し上げます、成長と飛躍、花咲く一年といたしましょうね(o^―^o)

20160204nanakusa00


追伸 今日は七草でしたね。朝お粥食べましたか?
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけの座、すずな、すずしろ、が春の七草です。
また、七草爪の日( 人日じんじつの 節句せっく)でもあります。
ピアノ、エレクトーンを演奏する皆様は爪、気にしていますよね。
「 七草爪ななくさづめ (七種 爪)」または「 菜爪なつめ」「 七日爪なのかづめ」などといって今日は新年明けて初めて爪を切る日でもあります。
この日に爪を切れば邪気を払うことが出来て、一年間風邪を引いたり病気になったりしないし、これをしておけば一年どの日に爪を切っても良いとされているそうです。

秋にも七草がありますよ、こちらは食べられません。いや、その気になれば食べられるかも知れませんが。葛は確実に根は食べられますね。しかし尾花は…ススキ、パサつきそうですよ。
萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花
はぎのはな おばな くずはな なでしこのはな
おみなえし また ふじばかま あさがおのはな
山上憶良やまのうえのおくら  万葉集 一五三八 巻八
アサガオの花はここでは桔梗です。藤袴はアサギマダラが吸蜜する花として有名ですね。共に覚えるとよいですよ。旅に出た時や植物園で楽しめます。


サイトTOPへ

« 金沢の旅 | トップページ | 光の力強さ »