« 節分 | トップページ | こうやって入って行くのですね »

2016年2月 4日 (木)

立春

Image_2

昨日、無事鬼退治も済んで新しい夜明け、立春です。
立春大吉の文字もチラホラ見受けられるころとなりました。

立春とは二十四節気の一つで太陰太陽暦の新年が明けて春の季節が始るとされています。
太陽の黄経が 315°に達する日 (太陽暦の2月4日か5日) から本来は雨水 (太陽の黄経 330°に達するとき,2月 19日か 20日) の前日までの約 15日間のことですが、現代ではこの日のみをいうようになっていますね。

今年はうるう年ですから、一日長くてちょっと得した気分です。
この日に生まれた方はどうなるんですか?年取るの4年に一度ですか?
だったらうらやましい!(笑)私もそろそろ減っていってほしいお年頃です。

立春といえど、いきなり暖かくなるわけではなくて、暑さ寒さも彼岸まで。
彼岸が過ぎても桜に雪ということもあります、まだまだ本格的な暖かさには程遠いですが、確実に近づいては来ています。

モノクロの世界から街がパステルに変わる春は厳しい冬の後だからこそ価値があります。春の後の春だったら誰もありがたくありません。神様もまったく粋な計らいをしてくれるものです。

春といえば別れあり出会いありの季節です。

そろそろ桜ソングのレッスン始めても良いころです。
新旧取り揃えていますので、やってみたい方は言ってくださいね。


サイトTOPへ

« 節分 | トップページ | こうやって入って行くのですね »