« どちら様でしょう? | トップページ | もともと持っているもの »

2016年6月 3日 (金)

Black Princess

2016black_princess00

本日は黒のお姫様が開花しました。やはりこちらも目論見通りお手入れ前から持っている蕾を落とすことなく開花に至りました。花型はかなり小さ目ですが、つぎの蕾も幾つもつけているので漸々と良くなって行くことでしょう。
私は温帯睡蓮の中ではこの株が一番好きです。純白も清楚で美しいのですが、あんまり綺麗ばかりでも面白くないのです。


私は単純に花を花としては見ていません、そこから受け取るメッセージを大切にしています。

いろんな事あったよね、でもそういうの全部栄養にして浄化してこうして私なりの見事な花を咲かせてやったわ、まいったか!という心意気みたいなものが感じられますし、また名の通りお姫さまは清純なだけでもないのよ!という鼻っ柱の強さも受け取れます。
黒が際立てば益々白が生き、白があれば尚更黒も光ります。どちらも表裏一体という気もします。

いろんな事があったのよね、という中には慮ることが出来ないほどの事が含まれるのかもしれません。でも、そういうものこそ音楽は全部抱きしめてくれるのではないかなと、色々経験を重ねてきて思うのです。それこそが旨味というか、隠し味なのかもしれません。人工調味料ではない人生調味料(笑)

愛欲や欲望、渇望を悟りに変えてしまう、どこぞの明王かのような燃え立つ黒赤。

私は今年も彼女に魅了されそうです。
みんな音楽の中に放りこんじゃえばいいんじゃない?

なんてね。

Img_3981



彼女本気出したらこんな感じです。
全てを呑み込んだ者の凄みといった所でしょうかね。

けれどこういうタイプこそ、中身は透き通っているものですけどね。

« どちら様でしょう? | トップページ | もともと持っているもの »