« WANVISA | トップページ | 追いつきません »

2016年6月28日 (火)

今日の模様

20160628pippala_nilotpala_wanvisa03

多重露光なので画像がぼんやりとしています。アプリによる加工合成ではありません。

あいにくの曇り空、でも梅雨の時には降るものは降らないといけません。春には梅一輪、一輪ほどのあたたかさと聞きますが、梅雨の時には日ごとに水生植物が成長するので、私のところには恵みの雨、刻々と景色が変わっていきます。いろいろ思うところありですが、本日は鉢に落ちる雫を眺めながら懐で消化させる、そんな日にしようと思います。

真っ盛りになると、花も咲くことに慣れ、特に感動もなくなるのです。
そうなった時には思いきって、その日咲いたものを全部切り取ってきて浮かべます。それを玄関先に置いておくと、通りかかる人が一度造花か・・・という具合で通り過ぎます。そして、!!!という感じでバックして置いてある花を触ったり香りをかいだりして本物!素敵!と驚いてくれる姿を見て私は中で一人喜んでいます。
ドッキリです。

私は本当は別に特に花が好きでもありませんし、育てることも好きではないんです。
その先の人の喜びが好きですし、興味があるのです。
以前はもっと違う手法を使っていました。お話しをうかがう、寝ている枕もとでさえも気持ちを聴きに行くなんてことをしていました。でも、それって時間がかかりますし、こちらももたないのです。そして、その先に笑顔ってなかなか無いんですよね。

けれど、花っていとも簡単に知り合いとか知り合いではないという垣根を取り除き、さほど時間をかけることなく人を笑顔にすることができるという魔法使いのような所があるんです。ならば縁があり、かつ一般の方があまり手掛けられることのないこの花で行こうと決めました。人が笑顔になってくれるのなら、別に花でも話でも音でもなんでも構わなかったんです。

同じことを20年以上規模の大小にかかわらず続けてきました。それがなぜか今年になって、思う以上の広がりになってきて私の方が驚いています。なにが起こっているんでしょうね。
花も私も何も変わっていないのに。

ただ、毎日こういう絵をリアルタイムで見せて戴け、ニホンミツバチや珍しいトンボなど集う場所になれていることは、神様からのギフトだと思っています。独り占めにはしたくないです。

« WANVISA | トップページ | 追いつきません »