« フェイント | トップページ | 方向 »

2016年10月24日 (月)

いろいろ

20161024_00

この間の運動会で、高学年の子たちが銀河鉄道999の曲に合わせて踊っていたのがとても印象的で、振付が子供たちの希望に満ち溢れた未来を予感させるようで私はとっても素敵だと思って見つめていたのです。


ゴダイゴといえば、後醍醐?後醍醐天皇なら吉野ですよ。
あぁ、ミッキー吉野さん、うまくできてるねこりゃぁ、なんて一人考えていました。

タケカワユキヒデさんは私の初恋の人(笑)で、本当にかっこよかったのです。キラキラ輝いているようで。愛嬌のある笑顔の素敵なお兄さんという感じでしたが、今ではすっかり貫禄です。
出来て来てから華々しくご活躍だったのが、ぱっといなくなってしまい、気が付いたときにはお昼の番組で相談員?さん的なポジションで定着なさっていたように思うのに、今ではまたミュージシャンに。

特になにか別の方向を目指さなくても、能力のある方ってなんでもできちゃうんだなという感想です。わたくしの経験上、人の相談に乗るなんてことはよほど頼りになって寛大じゃないとできるもんではありません。たとえそれが仕事ででもです。自分の荷物だけでも重いのに、さらに人の荷物をもってあげるわけですから。
そういったところを見ると、本当に人間的に素敵な方なんだと想像できます。(本当のところはわかりません、一回もお目にかかったことも、これからも絶対にない雲の上の方です)

私はずっと、かかわっては来たけれど、これだけではないという自分を認められずに来たように思います。別にそれでもいいんではないかな、と自分のことについてだけは思えるようになりました。出来ようが出来まいが関係なく色々なことに一枚かんで、いづれそれが一つの自分という道になっていけばそれでいいのではと思います、一滴の水がやがてひとつになるように。

それに、思った以上に人は人のことなど気にはしていないものです。
自分に影響のある部分だけをジャッジし天秤にかけています。

それでいいんです。

« フェイント | トップページ | 方向 »