« 成人の日 | トップページ | 氷の下 »

2017年1月10日 (火)

新学期

20170110_00

いよいよ本日から新学期がスタート。新春といえど、まだまだ暖が恋しい季節です、お休み続きで朝寝坊しちゃった子はいなかったでしょうか^^また新たな一年頑張って参りましょう。

名古屋は一年に何回かは雪が積もることがありますね、その年にもよりますが一面の銀世界っていうこともあります。寒いけれど、そんな時くらいしか雪だるまも作れませんもんね、今週末にそんな予報があるようです手袋は準備しておいたほうがよさそうです^^

さて、私は一年で一番何も考えずにお休みさせていただけるのはお正月だけです。もっとも考えようと思えばいつでもできますが、あえて横に置いてリフレッシュ。色々なことから離れ非日常の中に身を沈めると随分と気持ちも変わります。でも、5日目くらいでお休みはもういいかなと思いました。やっぱり、元気にお役を果たしている時のほうが生き生きします、悩みも多いですが。

私はまだ終活は早いと言われましたが、向こう20年を見つめて、ありったけの力で駆け抜けようと思っています。
やはり私は活動してこそ、やることだらけで朦朧としているくらいのほうが愚痴が出なくていいのです。そういう目まぐるしい日常のなかに、様々な感情や行動が生まれ、それが全て音楽の源ではないのかなと思っています。

私は遠回りした分だけ、人には絶対に手の届かない世界を見てくることができました。遅れと考えればネガティブですが、その分引き出しを増やすことができた、絵の具も手に入れられたんだ。そして、今年からさらに増やすぞ!という気持ちです。短距離選手の時もあれば、中長距離になるときもあります、マラソンかもしれません。でも一生をかけて続けていくのですから、ボチボチイコカでなくては持ちません、いつも張りつめっぱなしでは切れるだけです。

ギターも弦を張りすぎても、緩めすぎても良い音を奏でません。
そんなことを私自身も見習いながら、走るのも早すぎず遅すぎず、一歩一歩大切に丁寧に行こうと思います。

あと何か月かでまた桜ですね。
桜ソングなどは、いまから練習すると、丁度良いですね!

教室前にはペチカの歌を書いています。冬の行き帰り、歌の中でも暖をとっていただけたらなという細やかな気持ちからです。ペチカについても少し書いてありますのでよかったらご覧ください。

« 成人の日 | トップページ | 氷の下 »