« 氷の下 | トップページ | 登場人物 »

2017年2月12日 (日)

モノクロからパステルへ

20170212_flowers_01

気が付くとブログを放ったらかしのまま、年明けから随分と時がながれてしまいました。
その間にも日々着々とやることをこなしながら、節分、立春、そして建国記念の日まで通り過ぎて行ってしまいました。SNSではフクジュソウ、蝋梅がチラホラ見られたかなぁと思っているうちに、随分と梅や目白の写真も流れてくるようになりました。モノクロームからパステルに変わるのも、そう遠くではありません。冬将軍と春の女神の攻防戦はもうすぐそこ。

20170212_flowers_00


私はお仕事の他に、地元の役員のこと、遠くの役員のこと、さまざまな関わりや関係性の中で刺激を戴き、ほんの少しづつ前に前に向かって進んでいます。そんな中、細やかに嬉しかったのは、ピアノのダンパーペダルの修理(正確には調整ですね)が終わったことです。一緒に調律もしていただいているので、いまうちのピアノたちはとても美しい音色です。それも一週間もするとまた音が変わってきてしまうんですが、今の時間が私は何より贅沢だなぁと感じます。
ピアノの音色もキラキラ、生徒のみなさんの笑顔もピカピカ。そこにelectoneのウキウキが重なるんですから、たまりません^^そろそろテレビでもドレミファソ~ラファミレド~♬のCMも流れはじめ、新しいシーズンの到来なんだなと思います。ひとつ学年が上がる子、小学校に上がる子、それぞれ音楽以外でも旅立ちと出会いですね。たくさん、たくさん楽しいことがありますように、それだけを願っています。

私の今の楽しみは来る3月11日に東京文化会館での神田将(yuki kanda)先生のリサイタルです。私の一方的な思い入れとか偶然の出来事などがあり、とてもとても音楽を尊敬していますし、感謝しています。ですから、今からたいへん楽しみです。でも、実はその後にあちらにいる私の親族たちと食事することに^^それも心待ちなんです。

話しがそれましたが、おそらく一生お話しすることもないほど、遠く雲の上の先生ではいらっしゃいますが、私の人生のなかのさまざまな体験に重なることがあり、いろんな角度から勝手に尊敬しています。今回は私ひとりで行きますが、耳と心に刻んできたことは、かならず皆さまとのレッスンに役立てるはずです。ピアノのお友達も、エレクトーンのお友達も、いつか自分だってこんな素晴らしい演奏家になれるんだって、そう思ってほしいですね。きっと中には未来の音楽家が出てくるんだと思うんです。意外とどこか特別な人と思いがちで自分は無理と決めつけてしまいますが、それは本当にやめてほしいことだなと思います。

どこまでも、高く、高く、高く、舞い上がれ、空へ、未来へ。

« 氷の下 | トップページ | 登場人物 »