« 東京文化会館 | トップページ | ソメイヨシノが咲き終わる頃 »

2017年3月22日 (水)

サイトを通じて

20170320_00

サイトを通じて、偶然なのか必然なのかとっても不可思議な出会いをすることがあります。今回もまた、どこかしら偶然に迷いこんでくださったお姫様みたいな印象の方。お話ししてから数日経過していますが、まだ印象深いです。

私はお世辞にも若いとは言えませんから、今まで生きて行くうちにたくさんの方々と出会いました。
正直、私には記憶にない皆様も沢山いらっしゃるんです。でもひょんな所で私に気づいて、先生!!と手を握ってくださる方もいらっしゃいます。(正直、わたくしは先生なんて呼ばれるのが柄でもないですし、苦手です。)

長年の友人には、“いつみても波瀾万丈”に引けを取らないレベルと私の人生を笑いながら言ってくれます。本当、自分でもその通りだと思います。けれど、それを自分から話し歩くようなタイプでもないのです。

でもなぜか、サイトを通じていきなり出会ったその方に随分といろいろなことをお伝えしたように思います。本当に不思議。二度目があるのかこれで最後かは全く分からないです。でも、その方が私に残してくれた言葉に

“もっとご自分のことを皆様にお話しください”
“なんなら、わたくしが言って差し上げたい”という言葉でした。

私はこれにひどく感激いたしました^^なかなかそんなこと仰って下さる方はいらっしゃいませんからね。
近いうちに四国でも仕事をする機会があるかもしれません。単発ですが。(わからない、受けたらしつこくやるかも。)
その方はそれを見に、わざわざ四国まで来て下さるとも言って下さいました。社交辞令であったとしても、嬉しいです。
まだ日時とか全く決まっていません。でも、私のもっと深い部分にお触れになられたいかたは、是非どうぞ。

そして、私はいままで通り、無欲に徹しようと思います。縁は不可思議なものです。無理やりに結んだ縁は必要ないと思っています。私に何かを感じて、信じ、おいで下さったかたを心から大切にしたい、それが私です。

« 東京文化会館 | トップページ | ソメイヨシノが咲き終わる頃 »