« サイトを通じて | トップページ | さくら »

2017年3月26日 (日)

ソメイヨシノが咲き終わる頃

Img_7423
そろそろ桜開花のニュースも聞こえてきますね、9年ぶりに東京が一番だとか?その9年前の東京での開花を目黒川でリアルタイムに眺めていたのを昨日の事のように思い出します。

私たちの街には山崎川という名所がありますし、私の生家は玄関出たら桜並木という具合だったので、私にとっては桜は当たり前のものになりすぎて、桜が私を追ってくるという印象です。でも、こういう環境に生まれ育ったのはとっても幸運ですよね。

でも、そのソメイヨシノが咲き終わったタイミングが当教室名物、蓮と睡蓮(温帯のみ。熱帯性は6月ごろ)のお手入れ時期となっております。この時ばかりはドロドロで、お声がけ戴いても余裕もないほどですが、今年も皆様の笑顔が見たく頑張ろうと思っております。今お手入れをしますと、丁度夏休みにはヤゴの羽化や花のピークに重なります。狭い場所ではありますが、夏季は解放しておきますのでどうぞ夏の生活などの自由研究や絵日記にご活用下さい。また、黒メダカが増えすぎた場合は、お子様にもすくって頂き持ち帰り育成してもらえるようにしておきます。こちらは数に限りがありますから、在籍の生徒さん優先です。

蓮は朝7時から10時頃が見ごろ、睡蓮はあさ10時頃から昼3時ごろ。夜咲き熱帯睡蓮は夜間の開花です。夜咲きは夜間ではありますが、わりと朝にもご覧いただけます。また、睡蓮には人工的には絶対真似できないような透き通った気高い香りがありますから、どうぞ優しく害さずお手に触れ、薫っていただきたいです。
そんな風で、レッスン以外にもいろいろ学んでいただけるようにしてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

私の睡蓮(熱帯、温帯)と蓮とのかかわりは25年以上となります。工夫を凝らして、省スペースで最大限の開花をするように研究、実験し、現在の形となっております。たくさんの方に愛でていただき、こころの憩いとなって戴けたら幸いです。小さなお子様をお持ちのお母さまは、どうぞたとえ一センチの水深でも目を離すと溺れることがありますので、抱っこ等なさり大切なお子様から目を離さないようご注意下さい。

注意を守り、楽しく、長く皆様に愛されて参りたいと願っております。

« サイトを通じて | トップページ | さくら »