« 土曜日の午前中のこと | トップページ

2017年7月17日 (月)

傷だらけではありましたが

20170715_wan_00

16日に人前で弾かせていただいて来ました。自分の目指すラインには及ばない、傷だらけの演奏ではありましたが、その中に次へのヒントみたいなものが見え隠れしていたので、一定の成果のあるものだったと今更ながら考えています。

Img_0147

私は写真やビデオにおさまることが嫌いで(お見せするには見苦しいです)ほとんど画像がありません。でも、本当に弾いてきたんかいなと思われると思うので一枚だけ。
リハーサルはなし、現場も初めてということで最初から演奏以外の緊張で震えが来ていました。実際、音響に少し課題があったようで、まるくホールを包みこまない、響かないという印象でした。でも、それに気づいたのが座ってからですもんね。だったらその場で瞬時にできることをできるだけするしかありません。傷の数も勲章ということにします。
20170715bb_00

私は音楽のみをし続けてきたのではなく、重複していたり、一時離れたりしてでも、まったく別世界で学ぶということを意欲的にしてきました。そこでの経験は到底普通の生活をしていては味わえないことばかりでした。ですが、不思議と窮地で肝がすわるというか、たたき込まれた
“基本はひとり” “あるものでどうにかする” “なければその場のなにかで作る”というサバイバルやレスキューにもにた訓練や経験が、けっこうギリギリのところで強さを発揮してくれ、これって私の底力なんじゃないかな?客観的に思う点もありました。

20170715_after_00

音楽ができること、まして人前でたとえ一曲でも演奏させていただける機会があるなんて奇跡だと思います。ですから、私はその喜びをたった一人でもいいから伝えきれることが目標でした。あとから、一方私にメッセージを下さる方があって、あぁ今日の任務は達成できたな、良かったなと思えました。

・・・とはいえ、私的には不本意な演奏なので、動画はあげませんが来て下さった方には目の前で演奏させてきただきますので、ご希望の方は言ってくださいね^^(生徒と体験の方限定です)

20170715_g_a_00

そして・・・現在の私の仕事は、私が弾くことではなく、みなさまを弾けるように導くことです。人の演奏を聴くのは楽しいですが、どうぞ私などの演奏ではなく、立派なプロの演奏家がたくさんいらっしゃいます。その方々のダイヤモンドのような輝きの音色を耳に心にいっぱい焼き付けて、自分の糧にして皆様自身を錬磨してください。

私もこれからますます精進いたしますし、意外なお声掛けも戴いていて、目の前にやってきた船に乗るのをためらうことなく来た私は、内心“楽しそうかも・・・”と、思っています。いくつになっても冒険し続ける自分が、面白くていいです。

思わぬお知らせが出来るかもしれません。


« 土曜日の午前中のこと | トップページ