« あっという間の五月 | トップページ

2021年7月19日 (月)

またしてもご無沙汰しておりました

20210716_019

いつしか梅雨も明け、セミの声も聞こえ始めました。明日は終業式というところもおおいのではないでしょうか?皆さまいかが過ごしでしょうか?

20210716_018 20210716_021 20210716_020 20210716_022 20210716_012 20210716_010 20210716_008 20210716_009

祭りの様に咲き誇る水生植物み誘われるように、このサイトを通じてもお友達が来てくださいました。毎年夏にその他大勢の合唱で出させていただいている舞台の稽古、様々の先生の生の演奏を聴きに伺ってダイレクトに心に響かせる学び、自分自身も研鑽と息もつかない毎日で、どうしてもブログもサイトも遅れがちです。でも、緊急事態でも非常事態でもない限り、それでいいと思っています。

20210716_003 20210716_017 20210716_015 20210716_016 20210716_014 20210716_013

何人もの人が、メダカをうちからお持ち帰りになりました。そういうことも、子どもたちの教育にとても良いと思っています。狭くあっても、これだけのビオトープをもつ教室はなかなかないと自負しておりますし、28年も絶やすことなくできた継続の力も自信あるところです。

 

モネは自分の庭に青の睡蓮を咲かせたかったといいます。しかしモネのいたところは気温か低く、熱帯性にしか青が無いためにさかせることができませんでした。しかし、みなさんの教室にはその青も、温帯性にしかない紅蓮もあります。

水に浮かぶ音符のように、時にあめに打たれてスタッカートをまとったり、風にふかれてゆらゆらビブラート、そんな光景を是非夏休み中にはご覧ください。

星、葉っぱ、風、水、土、トンボ、魚、さまざまなものからインスピレーションを戴き、ご自身の成長や気づく事、気づいた事に結びつきますように。

私はあまりこのサイトにいません。

でも、日々活発に動き続けています。遠慮なく私に会いに来てください。沢山の笑顔を差し上げます。

捕まえたり、とらえたり一切ありません。どうぞ、その手に花を、その鼻に香しく清らかで崇高な薫りを。

20210716_002 2210711_006 20210711_004 20210711_003 20210711_005 20210716_007 20210716_005 20210716_011

« あっという間の五月 | トップページ